馬プラセンタと豚プラセンタの違い

こんにちはダイナミックプラセンタのスタッフのYUTAKAです。
こちらの記事は「馬プラセンタと豚プラセンタの違い」というテーマについてご紹介させていただきます。
美容業界で大注目のプラセンタですが、皆さんもお試しいただいたことはありますか?
そもそもプラセンタとは、動物の胎盤から抽出されろるエキスのことを言います。
そしてそのプラセンタにも様々な種類があります。

プラセンタの種類


代表的なものには豚プラセンタや馬プラセンタがあります。
その他には、羊、海洋性プラセンタ、植物性プラセンタ、と種類は豊富です。
今回は、豚プラセンタと馬プラセンタに絞ってその違いについて少しお話を。

豚プラセンタ


豚は豚舎で複数頭一緒に飼育する多頭飼いです。
1頭でも感染症を持つと他の豚に移ってしまい、広まる危険性もあろます。
なので豚を飼育するうえで、必要不可欠になるものが、ワクチンや抗生物質という薬です。
豚の体は薬やワクチンにある意味汚染されているといえるため、その臓器も同じといえると思います。
安全性を考えて、しっかりと管理された品質を選ぶことをお勧めします。
そこで最近はSPF豚の胎盤を原材料にしている豚プラセンタがあります。

SPF豚

SPF豚は、日本SPF豚協会によって厳格に定められた基準で、抗生物質を与えずに飼育されます。厳格に管理された環境下で飼育された豚から採取するプラセンタなので、不純物が混じりにくく、品質が高いことが特徴です。

馬プラセンタ


馬由来の馬プラセンタは、他のプラセンタとよりも多くのアミノ酸が含まれているといわれています。
プラセンタに利用される種類の馬は、そのほとんどがサラブレッドであることから、ハッキリとした血統、徹底した品質管理、栄養管理などと申し分ない条件のものとで育てられています。豚と比較して1年に一頭しか生まないため抽出されるエキスも多く、高濃度といわれています。
ですので馬プラセンタは非常に高価になる傾向があります。

アミノ酸

馬の胎盤から抽出される馬プラセンタと豚クラセンタとの違いは、アミノ酸の量です。
馬プラセンタは豚プラセンタにはない6種類のアミノ酸が含まれています。
アミノ酸が多いってのは重要ですね。

まとめ

馬プラセンタは、なんといっても希少性と栄養素の高さ、そして安全性。
豚には含まれず、人間の体で生成することもできない必須アミノ酸が含まれている馬プラセンタは、美容にもかなりの効果を発揮すると考えられるでしょう。
そして豚プラセンタは、馬プラセンタとの違いは、希少性が低いために低価格で入手することができます。
プラセンタも、他の美容サプリメントと同じように継続して使わなければ効果を発揮することはできないと言われています。
低価格で手に入る豚プラセンタを毎日使った方がより高い美容効果を実感できると考える人もいると思います。
選ぶ基準はそれぞれですからね。
いかがでしたか、本日は「馬プラセンタちょ豚プラセンタの違い」というテーマについてご紹介させていただきました。

ダイナミックプラセンタ営業日

電話番号:TEL.03-6427-0779

営業日:月~金曜日(祝日を除く)

営業時間:10:00~18:00(土日・祝日を除く)

※時間外のお問い合わせは翌営業日にお返事いたします

※13時以降のご注文、または休業日のご注文は翌営業日の受付となりますのでご了承ください。

フェイスブックページ